LOVE

はじめまして!SOLEILを始めた経緯と自己紹介について

はじめまして!このページを開いてくださりありがとうございます。
SOLEIL(ソレイユ)を運営しているみさと申します。

私は2020年2月現在45歳になるそろそろ更年期に入る年齢にさしかかったアラフォーでもアラフィフでもない女性です。

SOLEIL(ソレイユ)とはフランス語で「太陽」のこと。

30歳までは、なんだ!実年齢はアラサーとはいってもまだまだ若いじゃん!と昔から意外に若く見られていたこともあり、「余裕!」って思ったりしていました。

(どんな余裕なんだといわれそうですね・・・)

しかし、40歳になったとき、何もかも失ったかのような喪失感や人生に絶望する出来事が多く重なり、もう先の人生の見通しがたたなくなってしまい、「うつ」と戦うことになりました。

心療内科通いやカウンセリングのおかげもあり、現在は回復し仕事も私生活も普通に暮らせるようになりました。

一度は人生をあきらめかけたときに、いろいろな本を読んだり心のリハビリをしていく中で、人生の中で大切なものは「愛」「お金」「健康」だと気づきました。

このどれか一つが欠けても私の人生の中では幸福感を感じることはできませんでした。

思い返してみると、「愛」「健康」があっても「お金」に苦労した大学生時代。「愛」「お金」はあっても「健康」を損ねた2度目の離婚後。「お金」「健康」があっても「愛」がない2度目の離婚後。

 

何かこの3つを基本軸として人生の満足度は上昇するのではないかと考えたのはちょうど40歳の時でした。

自分には人生の先輩である母親を若くに亡くしているので女性としての生き方について直接尋ねられる人もいません。ただ、仕事で関わる人生の女性の大先輩はこの3つを手にしている人は70歳になってもまだまだ若々しく仕事もされているなと感じることも日々あります。

ここで私の生い立ちを少し振り返ってみたいと思います。

幼少期~高校生

私の人生は0歳で父を仕事中の事故で亡くすところから始まります。当時父は31歳、母は32歳。特に手に職のない母は、仕事に出ることもなく専業主婦としてずっと私と5つ離れた兄の面倒を見てくれました。

幸いなことに父の遺族年金で私たち家族は暮らしており、母子家庭ながらも父の死への賠償金で新築の家も建て表面は母子家庭に見えないほど普通の暮らしをしているように回りからは見えたと思います。

そして多分だけど、私が母子家庭で育ったということも地元の同級生にはどれだけの人数が知っていたか疑問です。というのも、私はもともとの負けん気の強さもあり、学校ではいつもテストで満点をとりいわゆる優等生として中3まではやってきました。

高校生になり大学を決めるときに「私立大学を滑り止めでも受験できない」事実に遭遇します。何をどう頑張っても働いでいない母、遺族年金で生活している家庭に私立大学の受験料や宿泊費は大きな家計の負担となります。

高3の担任はただただ「はい!?」と驚くばかり。でも仕方ありませんでした。結果、第1志望の県外の国立大学は不合格、県内の国立大学は合格し、普通なら自宅から通える国立大学に進学するという選択をとるとは思いますが、なんと私は第一志望の県外の大学を目指して浪人することにしました。

予備校に行くお金もなかったですが幸い自分の卒業した高校には「補習科」と言われるシステムがあり、もう一年高校へ通うことができたのでもう一年踏ん張り、一年後晴れて希望していた県外の国立大学への合格を勝ち取りました。

大学入学後

大学に合格したものの、入学金の用立てがないと母に告げられます。偏差値60を超えた国立大学合格。母は申し訳なさそうに話をしてきます。

結局、たちまちの入学金は当時つきあっていた彼氏が立て替えて払ってくれました。条件として自分の親に言わないでと言うことでした。

今考えると恥ずかしいことですが、私の生命保険の解約をし、立て替えてくれたお金を彼氏に戻すことをして晴れて入学することができました。

有名な教育学部で、日本全国から憧れて入学してきた人も多く熱意に負けそうでもありましたが、活気に満ちた大学に浪人してまで来て本当に良かったと思いました。

この時の彼氏は、高校時代からの彼氏で一足先に彼は現役合格を果たしていて、彼氏でもあり高校の同級生でもあり大学の先輩にもなる本当に頼りになる彼氏でした。

欠点はほとんどなかったのですが、一つだけ束縛が激しいということでした。

男友達と話すことも男と名のつくものはすべて気に入らないようで、私のすべてを管理するようになりました。

女友達でさえ完全に失い、彼氏と半同棲の生活。でも仕送りがない中での一人暮らし(二人暮らし)は思ったより大変でした。

そこで彼氏に内緒で元々興味のあった夜の世界のバイトを始めます。時給は1,700円一日で1万円以上にもなるバイトにどんどんはまっていきました。

幸いお客さんとのアフターなどを禁止していていた店なので、純粋に稼いでお金を使う快楽を始めて知ったという感じでした。

今まで買ったことなかったコスメ、香水、ブランド小物・・・。普通の生活を手に入れるために踏み入れた夜の世界。結局大学4年までずっと在籍し、最後にはシフト管理や新人教育、スタッフの確保と大学生の仕事の範囲を完全に超えてしまい、バイトでの給与も30万をくだらなくなっていました。

大学4年に受けた教員採用試験。元々夢を持って大学に入学したことは忘れてなかったようで猛勉強の末、倍率50倍でも見事合格することができました!

教員時代~最初の結婚まで

教員になり、大学院へ進学した彼氏とは生活のサイクルのずれ、嘘の塊(夜の世界のバイトや男友達のことなどはすべて嘘をついている形になっていました)に耐えられなくなり、別れを選ぶことになります。

別れようと言ってもなかなか受け入れてもらえず、うっとしい一心で作った新しい彼氏。そう、それがのちに最初の旦那となる彼です。

彼とは交際わずか2カ月にしてできちゃった結婚することになります。その後、モラ夫となり、DV、借金、浮気などありとあらゆる苦悩の末、調停離婚することになります。

第一次シングルマザー期

シングルになってからは朝も昼も夜も働きました。

母もちょうど調停中に他界し、頼るものもなしたった一人で戦いました。

唯一、大学時代に働いていたスナックにだけは頭を下げて働かせてもらえないか話をしたところ完全に受け入れてくれ,また夜の世界と教育職(その時は退職してフリーランスとして駆け出した頃でした)の掛け持ちをしていました。

そして32歳で念願の一戸建てを購入しました。

中古だけど5DKで申し分なし!必死で仕事に家事に育児に奮闘しました。

2回目の再婚

ほどなくして、2回目の旦那となる人と出会います。

大きい会社で働いていてしっかりした8歳も年上の彼。少し肩の力を抜いてこれからは人生を生きれるのかなあと思いホットしたのを覚えています。

しかし、この夫もかなりのモラハラ!

私の所有する家に住んだので、生活費は入れない、新車を2台何の相談もなく購入してきたり、もう完全に一緒にその後の人生を一緒に歩む信頼がなくなってしまいました。

結婚生活はわずか6年で幕を閉じました。

うつを発症

2回目の離婚も時間はかかりました。調停までは彼も会社の手前、やめて欲しいということでしたのでできるだけ協議での離婚に向けて話し合いを進めました。

彼は離婚したくないの一点張り、

何か月も平行線。

別居を提案して家の近所のアパートに住んでもらったのになぜかうちの家の中にゴミを捨てに来たりする無神経な人、精神的に気が参ってしまい、ある日を境に夜も眠れない、何もできないという状況に陥ってしまいました。

この時は本当に、ちょうどいろいろなことが重なりこの世の中で誰も信じれないことが次々に起こりました。

さすがに体が悲鳴を上げてしまいました。

心療内科では「うつ」と診断されました。

投薬、カウンセリングを2年ほど続け、やっと回復することができました。離婚はうつ発症後3か月後にやっと元旦那も理解してくれ、やっと離婚することができました。

人生で何も希望もないや

人生で何も楽しいこともないや

何のために生きて来たんだろう・・・それならいっそ・・・

人生思い返しても何もいいことがない・・・特に出会う男性に関しては全員が以上に束縛したり管理したりする

タイプの男性で・・・・

もう本当に苦しくて生きていてもこの先の人生も、もう疲れてしまったと思いました。

うつを治療中に主治医から言われてハッと気づきます。

主治医とカウンセラーのおかげで

主治医に言われてはっとしたこと

今までの人生の不幸は自分で選択した結果である

そうなんです!実は親が悪い!母子家庭だったからお金がなかった!

元旦那のせい!裏切ったあの人のせい!このひとのせい!

 

すべて他人のせいにして生きて来たんです。実は。

いい人に出会いたければ悪い人間関係を切ればいいだけ。

それに気づかずに40年も生きてきました。

自分を守ることとはどういうことか、うつの時期にいろいろな本を読んだりいろいろなところに行ったりしました。

自分を変えるために。

そして、やっと私なりの幸せを見つけました。

2019年11月最愛の夫と結婚しました。

このブログを通して40代女性のリアル、40代女性の不安定な時期の乗り越え方など発信できたらとの思いでブログを立ち上げます。

同じように人間関係、夫婦関係、健康などで悩んでいるあなたの助けになれると幸いです。

あなたの人生は「SOLEIL(太陽)」そのもの。

40代からの人生を一緒に謳歌しませんか!?

 

2020年2月6日

 

みさ

 

ABOUT ME
アバター
misa
ブロガー【経歴】2度の離婚を経験▶︎シングルマザーとして2人の子供を育てながら自宅にて開業(2020年で19年目)▶︎ 2度目の離婚後鬱を発症 ▶︎ 残りの人生について考える日々 ▶︎ 思い切って国際婚活を開始 ▶︎ アメリカンブラックの旦那と現在は別居婚(コロナで)してます ● SEO・ブログ・アフィリエイトが好きです ● 広島在住の46歳