スキンケア

コーヒーを飲むだけでダイエットできる?ダイエットコーヒーのおすすめ3選!

この記事でお伝えすること
  • おすすめダイエットコーヒー3選
  • コーヒーのダイエット効果について
  • コーヒダイエットの注意点
  • ダイエットコーヒーの選び方

ダイエットコーヒーってSNSでもよく見かけますよね。

これを読んでいるあなた
これを読んでいるあなた
コーヒーが好きだから毎日飲むものでダイエットできるなんてすごく嬉しいけど、本当にダイエットに効果あるの?
これを読んでいるあなた
これを読んでいるあなた
コーヒーダイエットするにはどんなコーヒーを選べばいいの?おすすめってどれ?

と悩んでいませんか?

この記事ではダイエットコーヒーを実際に飲んで4か月で4キロのダイエットに成功した私が実際に飲んでみて効果があった3つを紹介します。

40代になってから思ったように体重が減らずに悩んでいるあなた、このままではどんどん体重が減りにくくなりますよ。

ダイエットコーヒーは、ダイエットに必要な成分がコーヒーに配合されていて毎日飲むだけでダイエット効果を感じることができるでしょう。

おすすめ3選

みさ
みさ
それでは、ダイエットコーヒーのおすすめを3つ紹介しますね!
コーヒーダイエットに成功した私が選ぶダイエットコーヒ3選!
  1. シーコーヒー
  2. スリムコーヒー
  3. ドクターコーヒー

それぞれのコーヒーの特徴を見ていきましょう。

1位 Cコーヒー(シーコーヒー)


(引用:公式サイト)

テラスハウス出演以来大人気となったNikiがモデルを務めるシーコーヒー。

シーコーヒー公式アカウントではただコーヒーとして飲むだけでなく、アレンジレシピも多数紹介されています。

コーヒーを飲むだけでなくシーコーヒーを使ったスイーツ作りに興味がある方にも満足していただけます。

初回価格 1,980円(税込)
2回目以価格 3,160円(税込)
返金保証 なし
定期コースの回数縛り なし

口コミ詳細ページ初回は半額で試してみる

2位 スリムコーヒー

コーヒーは癖のない味で一番、飲みやすいダイエットコーヒーです。

炭、ダイエット成分はもちろんのことレスベラトロール、MCTオイル、ビタミンD、フィッシュコラーゲン、植物発酵エキス、乳酸菌末、ビフィズス菌など美容成分も配合。

ブラックで飲んでもミルクを入れても美味しいコーヒーです。

初回価格 2,178円(税込)
2回目以降 3,278円(税込)
返金保証 なし
定期コースの回数縛り なし

3位 ドクターコーヒー

(引用:公式サイト)

3種類のフレーバーあり、毎日飽きずに続けやすいDr.Coffee。

スティック状になっているので持ち運びもしやすく便利です。

ダイエット中でも甘いコーヒーが飲みたい人やもともとブラックコーヒーが苦手な人にはおすすめです。

初回価格 980円(税込)
2回目以降 4,980円(税込)
返金保証 180日間全額あり
定期コースの回数縛り なし

口コミ詳細ページ公式ページへ行く

コーヒーでダイエットできる?コーヒーのダイエット効果

そもそも、コーヒーでダイエットってできるの?どんな効果があるの〜?

コーヒーには以下のようなダイエット効果があります。

コーヒーのダイエット効果
  • 脂肪燃焼効果
  • むくみ解消
  • 血糖値の上昇を抑制

そんなにもたくさんのダイエット効果があるとは知りませんでした!

順番に詳しく説明していきますね。

脂肪燃焼効果

コーヒーの代表的な成分であるカフェインには脂肪燃焼効果があります。

また、カフェイン以外にもポリフェノール(クロロゲン酸)という成分にも同様の効果があると言われています。

そのため、カフェインやポリフェノールを含むコーヒーには実は脂肪を燃焼する効果があるのです。

むくみ解消

また、カフェインには利尿効果があるというのを聞いたことがありますか?

利尿作用というのは簡単にいうと体内から老廃物を流して体外に出すことです。

老廃物を体内から排出することで、体の交感神経を刺激し代謝もよくなります。

結果としてカフェインにはむくみをとる作用もあるのです。

血糖値の上昇を抑制

食後にコーヒーを飲むと、血糖値の上昇を抑える効果もあります

この効果にはカフェインやポリフェノールが関与しています。

2002年にオランダで発表された結果によると食後のコーヒーはダイエット効果だけでなく糖尿病発祥のリスクを軽減することができるとも報告されています。

オランダのファン・ダム博士らは2005年1月までに報告されたコーヒーと2
型糖尿病に関する論文を系統的に調べ、16件の論文を見つけました。その内
の大規模なコホート研究(追跡研究)9件の全対象者(約193,000人、その
内2型糖尿病の新規発生者約8,400人)のデータをプールしてコーヒー摂取
量(4段階に分類)と2型糖尿病リスクの関係を分析しました。その結果、コー
ヒー摂取量が最も少ない(1日に0-2杯)の群に比べて、最もよく摂取してい
た(1日に6-7杯以上)群の2型糖尿病リスクは0.65倍に低下していました。
コーヒーの摂取量が1日に4-6杯の群でも2型糖尿病リスクは0.72倍に低
下していました。コホート研究以外の断面的な研究でも、コーヒーをよく摂取す
る人では高血糖症を合併している率が低くなっていました。

(引用:コーヒーの糖尿病予防作用)

医学の専門的なサイトでもこのことは記載されており臨床の実験でもコーヒーが血糖値の上昇を抑制することが実証されています。

3つの注意点

コーヒーにはダイエットに嬉しい効果があることがよく分かりました。

ところでコーヒーダイエットで注意することなどはありますか?

コーヒーダイエットをするにはいくつか注意して欲しいことが3つあるので順番に説明していきますね。

飲み方

みさ
みさ
まずは、飲み方について説明していきますね。

コーヒーと一口に言ってもブラック、微糖、カフェオレなどとさまざまな飲み方があります。

基本的にはコーヒーダイエットするならブラックで飲むのがおすすめです

もし、どうしてもブラックでコーヒーが飲めないという場合は無脂肪乳豆乳などできるだけカロリーの低い乳製品を選ぶようにしましょう。

また、体を冷やさないようできるだけホットで飲むことも大切です。

飲むタイミング

ダイエットするためのコーヒーはいつ飲むのが良いですか?

コーヒーを飲む最適なタイミングは次の通りです。

  • 運動前
  • 食後
  • 入浴前

このタイミングでコーヒーを飲めば、脂肪がつきにくい体に変わっていきますよ。

飲み過ぎには注意

ただ、いくら早くコーヒーの効果を実感したいからと言って飲み過ぎには十分注意しましょう。

特に、就寝前にはコーヒーの覚醒作用が作用して寝つきが悪くなり、睡眠不足になってしまいます。

さらに、妊娠中や授乳中のママは1日に撮る量に気をつけてくださいね。

目安は1日に3〜4杯までとWHOでも提唱されています。

授乳中のコーヒー摂取についてはコーヒーは授乳中にNG?赤ちゃんに及ぼす影響は?をご覧ください。

ダイエットコーヒーの選び方

ところで、ダイエットコーヒーの選び方に何かポイントがありますか?

そうですね、何種類かダイエットコーヒーを飲んでみて分かったポイントがあるので紹介しますね。

味が好みであること

まず、第一に味が好みであることは大切なポイントです。

コーヒー好きな方だと特に味の絶妙な違いや好みに敏感な人も多いと思います。

なので、好みに合わないコーヒーはやめておいた方が無難です。

置き換えできるもの

次に、コーヒーが1食の置き換えとしても利用できるものを選びましょう。

ダイエットするには1日の摂取カロリーよりも消費カロリーを大きくする必要があります。

欠食するとリバウンドしやすくなりますが、1日の食事をコーヒーで置き換えてできるものを選べば、思ったより早くダイエット効果が期待できます。

継続しやすいもの

最後に、コスト面で継続しやすいものを選ぶと良いですね。

初回が安く買えても2回目以降の商品代が高すぎたりしないか、継続して最低でも3ヶ月は続けて飲めるかなどもチェックするようにしてくださいね。

また、初めてダイエットコーヒーを購入する場合は返金保証があるものを選ぶのも手ですね。

今のところ、返金保証があるコーヒーはドクターコーヒーです。

返金保証についてはドクターコーヒーの定期コースの解約と返品保証についてで解説しています。

ランキングを参考に自分にあったダイエットコーヒーで夏までにスタイルアップしよう

ダイエットコーヒーは商品によってさまざまな特徴があります。

毎日飲むことでダイエット効果が期待できるのでコーヒー好きにはたまらないでしょう。

記事内のランキングを参考に、あなたにあったダイエットコーヒーを選んでくださいね。

コーヒーにしては高いかな?と思われる方もいるかもしれません。

しかし、ジムなどの会費に比べたら安いですし、さらに飲むだけでダイエットできると時間の節約にもなりますよ。

今年の夏までに少しでも痩せておしゃれを楽しみましょう。

ABOUT ME
アバター
misa
【アラフォーからお金をかけずに垢抜けたい】 ぽっちゃり太っちょのコスメ好き。若い頃からプチプラコスメをこよなく愛す46歳。これまでと同じケアでアラフィフになるのが怖いため色々なコスメやボディケアを試して見ることにしました。2021年3月化粧品検定3級取得しました!>>>詳しいプロフィール<<<